なぜ今? ビジネスパーソンのためのヴォイストレーニング®に注目が集まっているのか?


私自身、少し前からですが
友人、知り合いの経営者、あるいは女性の起業家や経営者の集まり、
コミュニケーションビジネスの会などで

■『経営者自らが「社員訓示」など、もっと影響力を高めるために
 実はずっとヴォイストレーニング®やってみたいと思っていたの
ですが、
大本先生、教えていただけますか?』

■『社員教育の一環で、ヴォイストレーニング®研修のご相談に
 のっていただけませんか?』

というお話を数多く頂くようになりました。

 

実際、企業さまにカウンセリングに伺い、経営者様、人事部の方や
営業部や人材育成を担当されるご担当者さまにお目に掛かると

 

●社員のモチベーションを上げるために 「話し方」や「コミュ二
ケーションスキルアップ」 などの研修は、さんざん行ってきたが
いまいち営業成績が伸びている実感がない

 

●プレゼン能力を上げる方法はひと通りすべて試したが、社員ひと
りひとりの「能力」「魅力」アップにまで結びついてない

 

●営業成績のいい社員、部下の信頼が厚い社員などを分析すると
「いい声」の持ち主が多い。トレーニングで育成できるのであれ
ば、是非取りいれたい

 

●人を引きつける、第一印象をよくするトレーニングをトータルで
お願いしたい

 

●大本先生の著書を読んで、これしかない!と思ったので、社員の
ために最高のヴォイストレーニング®をお願いしたい

 

といった声、ご相談が多く聞かれます。

 

 

つまり、実際に多くの企業様が

・具体的にトレーニングの必要性を強く感じている

・色々試したが、実感として変わったとか、成功が伴っていない

・従来のやり方では顧客の心は掴めない

・もっと成果のあがる方法があるはずと探していた

ことがよくわかりました。

 

私がいつもお答えしていることは

もちろん、腹式呼吸ができるようになったり

大きくハッキリした声が出る

声や滑舌がよくなる

人前であがらなくなる

喉が痛くならない

などの基本は一番大切なことですが、これらは習えば習得できる

最も基本的なことであるということ。

 

大切なのは、その先にあるものをきちんと身につけて

いかなければ、ただの座学に過ぎない。

「良いセミナーを聞いたね!」

「自分もこれなら毎日続けられるかな」

という程度のものなら、プリントを一枚お配りして、

各自でやっておいていただけばいいわけです。

 

ただ、私たち「ヴォイストレーナー®」はプロとして

「個」に対応していかなければ意味がありません。

 

自分が他人と違うのは当然ですよね。

骨格や体つきも違えば、声帯や筋肉の状態も違うわけです。

その人にとって、「個」が生かせること、「声」が生かせること。

「個声」を磨き育てることが、これからのビジネスで、求められる

最強のツールになると信じています。

 

 

人は、「言葉の内容」や「話しのテクニック」ではなく、

「声」によって心動かされているのです。。

ビジネスでは、最も顕著にそれが現れます。

 

 

 

「心地の良い声」「テンポ」「間やタイミング」などで

『「あ、この人の話しをもう一度、聴きたいな」

と思うことはありませんか?』

と質問すると、ほとんど全員の方が

「はい!あります」

と答えられます。

 

 

ここから先のお話は、個々によってカウンセリング、アドバイス、

トレーニングが変わってきます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP