ヴォイストレーニング®声のお悩みに答えます〜『話す声』もヴォイトレ習って魅力UPしたい!


『話す声』もヴォイトレ習って
魅力UPしたい!

 

 

今日は【話す】に注目です。


経営者、営業、販売、受付、コールセンター

教師、セミナー講師、医師、看護士

弁護士、スポーツトレーナーなど・・・・・

「声」を使って仕事をしている人は多岐に渡ります。


ビジネスパーソンにとって「声」を使うことは

日常業務のひとつです。


例えば、会議やプレゼンなど

人前で話をする場面においては

得意だの不得意だなどとは言っていられません。

つまり、ビジネスパーソンは

一日中「声」を使って仕事をしているといっても過言ではないのです。


以前は「人を引きつける話術」や

「プレゼンのテクニック」を学ぶ

「話し方講座」が注目されていましたが

近年は声を磨き育てることが注目されています。

 

 

今日は、お仕事で【話す】方々から寄せられる

お悩みについてご紹介します。

□ 心に響くセールストークができない
□ 商品の魅力を理解してもらえない
□ プレゼンテーションが苦手
□ 会話のテンポが合わない
□ 面接でハッキリ話せない
□ 話の意図が伝わらない
□ 気持ちが相手に伝わらない
□ 淡々として無表情と言われる
□ 怒っているの?と聞かれる
□ 自信がなさそうに見えてしまう
□ 発音や滑舌が悪くよく聞き返される
□ 声が小さいと指摘されることが多い
□ 声が通らない
□ 声がこもって思うように出せない
□ 声がすぐに嗄れて喉が疲れやすい
□ 話しかけても気付いてもらえない
□ 声が甲高くキンキンしている
□ 言葉に詰まって相手を困らせてしまう
□ 緊張すると早口になってしまう
□ 自分の声が好きではない

 

 

ビジネスパーソンが

ヴォイストレーニング®をやってみたい理由

目的、必要性、抱えている悩み

企業様からのご依頼内容も

業種によって強化したいポイントやご意向が異なります。

ですから、絶対的成果を出すためには、

予め用意されたマニュアルだけではなく

それぞれのニーズに合わせた

「オーダーメイドのプログラム」であることが必要不可欠なのです。

 

なぜなら一人一人、違うからです。

☝  ☝  ☝

ですから、私どものレッスンでは

「個声/個性」をとても重視しています。

 

 

「カウンセリング」はとても大切です。

どうしても統一マニュアルだけでは解決できません。

 

そこで先ず初めに「それぞれ受講生」と一緒に時間をかけ

●受講目的:どうなりたいか?

●現在抱えている問題:何が出来て/出来ないかを明確に

●現在のレベル確認など

 

「カウンセリング」を行い

オーダーメイドで「カルテ」を作成します。

 

 

只の「ボイストレーニング」というよりも

「声学家®️/声楽研究家®」としての享受が

「他者」と違うところなのです。

 

通常、ボイストレーナーは「声楽家」として翻訳されます。

 

一方で「声学」は「音響学」に属します。

これは、「音楽理論」だけでなく

「生理学」「心理学」などをも含みます。

 

このことこそが「大本メソッド」の秘訣であり

日本で初めて「商標登録」された価値があるのです。

※1990年:ヴォイストレーナー®、声学家®、声学研究家®取得

 

 

 

いつでも安心してご相談ください。

敷居が高そう!」など思う必要全くありません。

 

気軽にご相談くださいませ。

明日も続きます。

 

=============================

聴き手の心にダイレクトに響く「声」は

決して大きいとか、よく通るとかだけではなく

いかにその人の人柄が現れる

魅力的な「声」の要素があるかです。

 

私はヴォイトレの基本のその先にある

もっとも大切なことまでを

しっかりあなたに伝えたいのです。

 

「おかげさまで、営業成績が上がったよ!」

「お客様からの評判がすこぶるいい」

「ご指名を頂けるようになった」

「社員たちの印象や雰囲気が驚くほどよくなり洗練されてきた」

「あらゆる面でレベルアップしてきた」

 

誰もがあなたのファンになる!

あなたの話しをもっと聞きたい!

あなたかた買いたい!

あなたにまた会いたい!

あなたでなければ意味がない!

と感じてもらいたいのです。

 

そして、自信と信頼、魅力にあふれた「声」を

あなたのンビジネスシーンや
日常生活のコミュニケーションにおいて
最大の武器にして欲しい。

 

ヴォイストレーニング®は

あなたのビジネスを必ず成功させます!

 

 

 

いつでも安心してご相談ください。

 

明日も続きます。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP