ヴォイストレーナー®総本山・二代目が伝える『ヴォイストレーニング®』の原理原則〜その3〜『アメリカの心理学者の論文が「声」の持つ可能性を物語る』


今日は、

アメリカの心理学者の論文が「声」の持つ可能性を物語る

について、お話いたします。

 

 

あなたにとって「声」とはなんですか?

 

アメリカの心理学者メラビアン博士の論文に

「言葉の内容によって相手を説得出来る部分は7〜8%程度しかなく、

あとは「声」が38%、「話し方」「表情」や「しぐさ」が55%など

相手の感性に訴える力によるものが大きい」とあります。

 

これは対人関係に於いて、いかに「声が大切か」

ということを物語っています。

 

人間の顔に表情があるように、

声にもその時々によって、多種多様な表情があります。

そして、訓練によって磨き上げられた声は十分な説得力を持ち、

聞く人々を完全に魅了していくのです。

 

「声」とは、

自分の主張やメッセージ、コンテンツを相手に伝えるツールです。

 

歌手やアナウンサー、学校の先生、セミナー講師、

営業やオペレーター、会社経営者の方など、
声を使ってお仕事をしている人にとって
「声」は、大事な商売道具ですから

日頃から人一倍気を遣って、ケアしている人も多い事でしょう。

 

それぞれに

「声についての色々な悩み」があったり、

「いい声になりたい」と思っていたり、

私の教室にも、歌手になりたい人と同じくらい大勢の生徒さんが、
学びに来ています。

 

人間は、毎日、呼吸をしています。

基本の呼吸法を見なおことは。決して難しい事ではありません。

 

そして、ほんの少し、意識するだけで、
色々な悩みが解決して、声のモツ可能性が大きく広がります。

呼吸の仕方ひとつで、すべてがかわります。
プロセスが正しければ、結果は自ずとついて来るのです。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP