Voice Trainer’s Academy®


【ヴォイストレーニング®の総本山・ヴォイス・トレーナーズ・アカデミー®

業界の第一線で活躍する大御所の歌手から、実力は歌手、有名俳優。
ヒットチャートを賑わすトップアイドル、ジャニーズ、宝塚などなど。
また、アナウンサーやセミナー講師、学校の教師やCA、スポーツインストラクター、
経営者、秘書、営業、販売などなどの、声を使って仕事をする人たち。
歌手を目指す若い人たちに「ヴォイストレーニング®」指導しています。

 

【ヴォイストーレーナー®、ヴォイストレーニング®は商標登録です】
資格認定指導者を養成するゼミナールを全国で開催。
大本式ヴォイストレーニング®のメソッドを学んだ発声指導者は、1,000名近くに
なります。

 

【創始者・大本恭敬とは】

創始者である大本恭敬は、昭和30年代に歌手として活躍した後、作曲家、アレンジ
ャーとして、数々のテレビ番組の主題歌、映画音楽を手がけました。
その後、東京・青山でヴォイストレーニング®のスタジオを始めました。
そしてMIYAKOが6歳の頃には、自宅でヴォイストレーニング®サロンを開設して、
日本ではじめて、ヴォイストレーナー®(商標登録)という仕事を確立しました。
ドア一枚隔てたサロンには、西城秀樹からピンクレディー、岩崎宏美、中森明菜、
小泉今日子、ジャニーズのトップアイドル、細川たかし、とんねるずや黒柳徹子、
松坂慶子、岩下志麻、薬師丸ひろ子といった日本を代表する歌手、俳優、有名人が
日夜レッスンに明け暮れていました。

毎日テレビで見る有名な人たち、そして大晦日のレコード大賞、新人賞にノミネー
トされるのはみんな大本出身。
紅白歌合戦の出場者も、大多数が父の弟子で、楽屋は同窓会になっているという感
じでした。

 

【スター誕生】
大本恭敬は、あのお化け番組『スター誕生』で毎週審査員を務めておりました。

放送回数619回。
応募総数が約200万通。
予選会参加総数が約60万人。
番組出場者総数が5500組。
うち決戦大会出場者総数が423組。
そして、プロデビュー者は81組。(wikipediaより)

 

【プロ歌手指導育成実績・1,500名以上、指導総数45万名以上】
音楽業界の第一線で活躍する、いわゆる一流のプロ歌手の指導育成1,500名以上。
これまで指導した総数は 45万人以上ということになります。
これは、他に類をみない、驚くべき数字です。

【MIYAKOは幼少期から「発声」の英才教育を受けてきました】
門前の小僧のように、このヴォイストレーニングを指導する姿を間近にして、そして
スターの卵が、大スターへの階段を昇っていく姿を6歳の子供の頃からずっと見てお
りましたので、
「ヴォイストレーニング®」
はもちろんのこと、
「歌う事」
「声を出す事」
そして
「プロフェッショナルはなんたるものか」
「一流とは何なのか」
ということを折に触れてみて育ち、ヴォイストレーニング ®を誰よりも正しく理解で
きるようになり、今思えば「発声の特別な英才教育」を受けて参りました。

 

現在は、ヴォイストレーニング®を指導することと併せ、プロ歌手を目指す若い子達に、
人生の大切な時間を共にした大人の努めとして、立派な社会人として通用するように、
外に出て恥をかかぬようにと、プロとしてのスピリット、いわゆる常識、躾、行儀を叩
き込むことも私の役目としてお伝えしています。

 

ですから、昔から、ヴォイストレーニング®と一緒に「お行儀を習いに行きなさい」
と事務所から送り込まれて、父のもとへやってくるプロの方も多く、若くしてトップス
ターに上り詰めた方々が、泣いて、泣いてレッスンを受け、歌は別格に上達し、常識や
性根を叩きなおされるというのが、業界での評判でした。

「大本先生のところの子たち礼儀がいい」と言われているゆえんです。
そしてなによりも、日本の音楽業界の名だたる大スターを輩出した実績があります。

詳しくはこちら

ヴォカルグループ・エクセランド

PAGE TOP