ヴォイストレーナー®・大本 京〜Biography 2



【アメリカ留学と歌手への夢】
私の夢は「歌手」になることでした。
8歳の時からずっと、いつか歌手になると信じていました。
しかし、芸能界の重鎮である父は、私の「歌手になりたい」という夢に反対
でした。


驚かれる方も多いのですが
一度も「歌」を教えてもらったことはありません

「歌」を聴いてもらったこともありません
私に「直接指導」することはありませんでした

ただ、私たち家族は本当に仲がよくて、父の仕事が終わる10時、11時から
揃って食事をする程(いまでは子供がそんな遅くまで!と怒られてしまいま
すね)、それぞれが一日あった出来ごとを話し、
父の音楽に対する考え
歌手だった頃の話
そしてもちろん、
私がレッスンを聴いて思ったこと
今日レッスンしていたあの有名な歌手のこと
感想
TVを観ながら、ラジオを聴きながら
歌とは?
歌うことでいちばん大切なことは?
表現することとは?
呼吸の仕方とは?
体の響かせ方や使い方とは?
音の聴き方とは?
書ききれないことばかりですが、哲学を学びました。
正に英才教育です。

 

ですから、私はますます、大スターたちのレッスンを聴き逃すまいと、毎日
レッスン室から漏れ聴こえる、厳しい父の指導に触れました。
そして、生意気なようですが、子どもながらにして
〜ヴォイストレーニング®についての基本から応用
〜大スターの育て方
などを見て聴いて、覚え、知識を身につけていきました。
その延長で、ピアノもギターも、作詞作曲も独学で覚えたのです。

 

こうして楽しくて刺激的な青春時代はあっという間に過ぎ、進学という岐路
に立った時、私は子どものころからのもう一つの夢であった「アメリカ留学」
を選びました。

そして、大学では音楽ではなく、デザインを専攻しました。
子どもの頃から手先が器用で、デザインに興味を持っていましたので、その
道に進みました。

歌手になることはあきらめていません。
「絶対、いつか」
そんな気持ちで毎日を過ごしていました。

 

約束の留学期間が終わり、無事に大学を卒業して帰国。

そして、いざ、働くという段階になって、私の迷いはありませんでした。
「お父さん、私、やっぱり歌手になりたい」
「そうか、じゃ、自分の力でがんばりなさい」

覚悟は決まりました。
当然のことですが、大海原にひとりです。

私は来る日も来る日も、作詞作曲に没頭し、アルバイトしながら音楽出版社
に出入りして、作品を聴いていただいたり、添削していただいたり、そして
デモレコーディンをさせていただきながら、2年ほどが過ぎました。

しかし、当時のシンガーソングライターというと、Yuming、中島みゆき、
竹内まりや、EPO、大貫妙子、吉田美奈子、男性なら井上陽水、桑田佳祐、
吉田拓郎、山下達郎、浜田省吾などなど、いまでも第一線で大活躍する、
レジェンドばかり。
その方々と肩を並べなくては、評価などされない、厳しい世界です。
新人だからこの程度で良いなんて、そんな甘い世界ではありません。

信じて疑わなかった夢の道でしたが、自信をなくしかけました。
当然のことです。
まったく、実力が及びませんでした。

父からの「人脈の援助」はありません。
自分にチカラがない。
その事実だけが突きつけられました。

 

【デザイナーとして生きる】
夢を追いかけて2年が経った頃、私の中で心の変化がありました。
いつまでも芽がでない、このまま・・・という焦りからでした。
「デザイナーの仕事はどうだろう?」
「そして、仕事をしながら、また、歌手への道を目指そう」
「きっと、いつか歌手になれる」
と・・・・・

それから、運良く業界最大手の繊維会社に就職し、デザイナー、MDとして
頭角を現しました。
会社では、海外買い付け、店舗開発、ショップの商品デザインなどを任され、
表参道の路面店1Fに100坪のアンテナショップを出店しました。

とても良い経験でしたが、数年も経つと
「好きなことと、できること」
私の中で大きな疑問符が沸いてきました。
これは私の性分なので、仕方がないことです。
一般論ではありません。

ありがたいほど、恵まれた職環境でした。

しかし、デザイナーを辞して、再び自分探しです。

でも、自分探しするなら、歌手への道に舞い戻ればいいのかもしれませんが
私はまだ逃げていました。

そして、退職した翌日、なんというタイミングか、ご縁があって、カウンセ
リングの仕事に就くことになりました。

 

【カウンセラー、講師、編集者としての新しい生き方】
新しい仕事は、カウンセラー。
人を育てるお仕事でした。

しかし、葛藤がありました。
私のいままでの経験が、何ひとつ、繋がっていないのではないか。
その時、その時の思いつき、出会い、タイミングで進んでいることに対して
です。

今となって思えば、このカウンセラーの経験がヴォイストレーナー®として
活躍する、基盤を築いてくれたのです。
大変ありがたいことです。
でも、それに気づいたのは、もう少しあとになってからでした。

 

私は、進路や夢に悩める方々のお話を伺い、カウンセリングすることを学び、
全国で講師としてセミナーで講演し、資料や教材の作成、学校のカリキュラ
ム作成、開講の準備、関係各社との折衝やイベントの企画開催、専門関連の
本を何冊も編集したり、広告を作る仕事を任されました。

そうです。
これらすべて、20代の女の子に全面的な信頼を寄せて、任せてくださった、
栄陽子先生には、いまも感謝の気持ちで一杯です。

ベテランと呼ばれるまでになった或る日、栄陽子先生からディナーにお誘い
いただきました。
お話の内容はこうでした。
「あなた、本当はやりたいことあるんでしょう?私の右腕がいなくなったら
私は困るけど、あなたの人生、あなたが後悔しないように、おやりなさい。
いまなら間に合うわよ。夢を叶えなさい」

 

【ヴォイストレーナー®大本京が生まれた日】

私が、ヴォイストレーニング®総本山2代目として歩みだしたのは、今から
23年前です。
アメリカの大学を卒業し、デザイナー、カウンセラー、セミナー講師として、
まさに第一線でブイブイ働いていた時のことでした。

 

先述のとおり、カウンセラーとして全国で講演しておりました。
ある夏の日、出張で訪れた大阪で乗ったタクシーの運転手さんとの会話です。

梅田から伊丹空港へ向かう中、初めて走る高速道路で、夕暮れの美しい空、
見る景色が新鮮でした。
なんといっても、高速道路の走行が、とても気持ちよかったのです。

「運転手さん、こんな言い方、失礼だったらごめんなさい。あのぉーとっても
運転がお上手ですね。流線形を滑っているような、そんな感じで、ここ初めて
走る道なんですけど、流れる景色眺めて、とても素敵な気持ちになっています」

運転手さんは、バックミラー越しに、ニコニコ話しかける私を見て、こう話し
かけてきました。

「大阪はオシゴトですか?」

「はい。講演会でお話をしてきました」

「へ〜講演会ですか。どんなジャンルなの?」

「留学カウンセリングの仕事をしていまして、今からアメリカに留学したい、
お子さんや親御さんを対象にしたものです」

「夢がある仕事だね〜。いや〜、僕なんかね、大阪から出たこと一度もなくて、
運転手の仕事一筋40年ですよ。あはは。でもね、運転っていうか車が好きでね、
お客さんと話すのも楽しくて。天職なのかな〜?これしかできないけど、お客
さんが降りるときにありがとう!楽しかった!って言われるとね、疲れも吹き
飛ぶよね。やっぱ好きなんだよね」

「40年ですか!すごいですね」

「最初はさ、こんな一生の仕事になるなんて思ってもなかったけど、なんでも
続けていれば、最後までやりきったら、その道のプロになれるんだね」

「私も、最近、今から10年、自分が何か突き詰めなければと考えていました。
出来ることなのか、やりたいことなのか」

「今のオシゴトじゃないの?」

「本当は歌手になりたかったんですけど、反対されて。自信もなくてね。今の
お仕事は、評価されてそれなりにやりがいもあるけど、一生のお仕事なのか?
と自問すると、違うということはわかっています。だから、いまでもいつか!
って歌手になりたい!って思っていますけど、現実は時間がないとかなんとか、
言い訳をして、なかなか動き出せないでいます。こんな自分はイヤですね。
自分に嘘をついているのが」

「10年なんてね、あっという間だよね。40年だって、ついこの前みたいだよ。
息子もふたり結婚して、孫も高校生だし。あはは。人生は長いようで短いから、
おねえさん思い切って挑戦したら、きっといい人生になるね。まだ若いんだし」

「ありがとうございます。自分が亡くなるときに、自分自身から良い人生だっ
たね、楽しかったね、よく頑張ったね!って、自分が良い人間だったか、悪い
人間だったか、思い通りに生きたか、偽って生きたか、全部、自分は知ってい
ると思うと、挑戦しなくちゃですね」

こんな会話をしました。
折しも、栄陽子先生に背中を押されたタイミングと見事に合致していました。
1996年のことです。

 

このあと、私はヴォイストレーナー®の第一歩を歩み始めました。
恵比寿にスクールを立ち上げ、若い人たちを一緒に夢の実現に向けて歩み始め
ました。

同時に、父・大本恭敬のアシスタントとして、全国の歌謡教室、カラオケ教室
の先生方を指導する「ヴォイストレーナー®養成ゼミナール」に帯同しました。
延べ50回以上になりますか。

ここで改めて、ヴォイストレーニング®の帝王学を学びました。
目からウロコの連続で、夢中になって勉強しました。
父を尊敬していましたが、父は神だと知りました。
延べ45万人、第一線で活躍するプロ歌手指導育成1,500名のチカラをまざまざ
と見せつけられ、私は10年後に、自分がどんなヴォイストレーナー®になって
いるか、10年後を想像しながら、スタートを切りました。

全国の生徒さんと一緒に学びました。
父の教えを噛み締めるように。

10年はあっというまでした。
また、カーネギーホール、ハワイシアター、ハワイコンベンションセンター、
韓国ソウルCOEXホール、台北Amigoなど、世界の檜舞台も経験。

そして、次の10年に向かって歩き始め、アラフォーにして念願のメジャーデビ
ューも果たし、人気テレビ番組のレギュラー審査員、著書、セミナー企業研修、
レッスンなどのお仕事までいただけるようになりました。

気がつけば23年。
ブレずに、学び続けて生きたことが、私自身の財産・肩書きとなっていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP