ヴォイストレーニング®『「声」第一主義』


時代に求められる「ヴォイストレーニング®の役割」を
考えたとき、
事業を継承する身として、いまカタチある
ものをわかりやすく、
そして「創始者と他者の差別化」
というのが最大の理由です。

コンセプトは『「声」第一主義』
なぜ、大本京は「声」にこだわるのか?
他者との差別化とは!?

 

「1万時間の法則」を知っていますか?

どんな分野でも、「一流」と言われる人の成功には、必ずと言っていいほど
この法則に裏付けされた「圧倒的な経験」「練習」が存在します。

もちろん、すべての人がそうしなければ「成功」しないと言っているのでは
ありません。

それに匹敵する程の「時間」や「集中力」をかけて、「自分を磨き育てれば」
自ずとその分野において、「一流」となれるという例えです。

 

イチロー選手がよく例に挙げられますが、説明は不要ですね。

 

私の父・大本恭敬は、1964年に『日本で初めて』「ヴォイストレーナー®」
「声学家®︎」を名乗り、今なお現役で、日本を代表する歌手や俳優1,500名
以上、指導総数45万名という実績を誇る業界のレジェンドです。

 

私も6歳の時からヴォイストレーニング®の『英才教育』を受始め、25年前
からヴォイストレーナー®/声学家®として活動しています。

 

==================================

 

どんな分野でも、その道一筋という人たちがいます。
歌は誰でも簡単に楽しく歌えますし、動機も色々あっていいのです。

 

私たちはお互いに大切な時間を有意義で意味あるものにしたい。
だから真剣なのです。

・一生懸命頑張る人
・目標を持っている人
・言い訳をしない人
・年齢、経験、ジャンル、プロア・アマ問いません

 

そして、自分だけの宝物である「声」を磨くお手伝いをしたい。
だから『「声」第一主義』なのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP