ヴォイストレーニング®で学べること〜2


ヴォイストレーニング®とは、「プロの歌手」や「歌手を目指す人」
だけのためのトレーニングだけなのではなく、「声を使ってお仕事を
している人すべて」に、必要なものです。

具体的に言うと、学校の先生、セミナー講師、経営者、営業、秘書、
販売、CA、コールセンター。
お医者様、看護士や介護士、弁護士や駅職員なども当てはまります。

それだけではありません。

日常生活においても、また、恋人同士も、人とコミュニケーションを
取ることを避けて通れない、私たちすべてに、必要なものなのです。

私はかねてから小中高校、そして、就職活動を控えた大学生に向けた
ヴォイストレーニング®を『学校の授業で取り入れて欲しい』と思い、
ことあるごとに、呼びかけてきました。

ヴォイストレーニング®の要は「呼吸法」です。
人間が生きて行くうえで当たり前のようにしている『呼吸』を理解し、
健康に役立てることにも繋がります。
また、社会生活を送るにあたって必要なコミュニケーションスキルや、
日本人が一番苦手とする「自分の意見を述べること(欧米では小学生
の頃から学校で学びます)に於いても、ヴォイストレーニング®さえ
身につけておけば、「声を出すこと」や「話すこと」ことに対する、
苦手意識を持つことはありません。

ヴォイストレーニングは、®自分自身に自信を持つことができる。
「声」ひとつで、世界が変わる。
「声」ひとつで、夢も叶う。
ものすごい可能性を秘めているのです。

 

よく、ヴォイストレーニング®は「ヴォイトレ」と一言でくくられて
しまいます。

実は「ヴォイストレーニング®」と「ヴォーカルトレーニング®」は
違うもので、歌手のトレーニングを例にとって考えると、説明はこの
ようになります。

 

■ヴォイストレーニング®
「声」に応用性や説得力を持たせて、どんな時も、相手にも心地よい
残響音を与える事ができるようにトレーニングをする。
その人の
声の能力、魅力を引き出すこと。

■歌唱指導(ヴォーカル・トレーニング®)
ヴォイストレーニング®」で学んだことを実践しながら自由自在に
歌えるように歌唱表現&テクニックを教えること。
と定義しています。

つまりヴォイトレは、「響く声」(共鳴する声)として「声」を磨き、
その人の「声」の持つ可能性を最大限に伸ばすもの。

 

これを、歌手のトレーニングとしてではなく、
「声を使ってお仕事をしている人のためのトレーニング」視点から考え
てみると、どうでしょう?

ヴォーカルトレーニング®にあたるところには、
1)「話し方トレーニング」
2)「プレゼンスピーチ/ビジネススピーチトレーニング」
3)「コミュニケーションスキルトレーニング」
などが当てはまるのではないかと思います。

それでは、明日以降、
順番に、1)、2)、3)について、専門家の視点で分析して参りましょう。

================================

私のレッスンで、呼吸法のすべてが学べます!
☟  ☟  ☟
ヴォイス・トレーナーズ・アカデミー®

資料ご請求はこちら 

いまなら、無料体験レッスン受付中!
☟  ☟  ☟
ヴォイストレーニング ®無料体験

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP