本当の答を知るときがやってきました


本当の答を知る時がやってきました。

ヴォイス・トレーナーズ・アカデミーとは・・・・・?
「音楽業界の第一線で活躍するプロ歌手の方々」がお忍びで、又は定期的に訪れる
「声の専門ドック」です。

つまり、世界の海を航海する「豪華客船」がメンテナンスや修理のために定期的に
ドックに入るのと同じ役割を果たしています。

『プロ歌手として。最高の声のメンテナンスをしたい』
『いつまでも、若くて力強い声を維持したい』
『もっともっと、個声を磨きたい』
プロ歌手である以上、『声のメンテナンス』は、何よりも大事なこと。

しかしプロの歌手といえども、時にはトラブルに遭遇します。
「喉の調子が悪い」
「声が出にくい」
「思い通りに唄えない」
「全体的に歌が重くなった」
「聞こえづらい」などなど・・・。
・ ・・プロの方たちは、こんな症状が出た時、どうするのでしょう?

 

そうです。
ほとんどの方は、真っ先に耳鼻咽喉科を訪れます。
お薬を頂いて炎症を抑えるか、手術をして治されます。
しかし、名医と呼ばれる耳鼻咽喉科の先生は、必ずこう仰います。
『あなたの商売道具である声帯がここまで悪化する前に、どうして、一番大事な
“発声“を見直さないのでしょう?
原因を治さなければ、何度、医学的な治療をしても、
完治はしないのです』。

 

Photo by 萩庭桂太

 

声帯を酷使し続けたがために(多忙を理由に最良のメンテナンスや治療のタイミ
ングを逸した事が原因と思われる)、結果的に、活動に支障をきたすほど重症で
あることを公表した、ビックアーティストがいました。
しかも、プロ歌手として致命症とも言われる声帯の病気や、聴覚異常などです。
ヴォイトレは欠かさずに行っていた筈ですが、見渡すと、その予備軍もまだまだ
いそうな気配です。

 

プロ歌手である以上は自分が自分のヴォイストレーナー®であること、スタッフ、
ブレーンに「信頼できるヴォイス・トレーナー ®」と「ドクター」がいることが
大切である事は言うまでもありません。

その見極めができないと、取り返しのつかない事になります。

 

正しい発声法を身につけていないことで生じるリスクは大きいのです。

 

私たちはまず、「カウンセリング」を通して、プロ歌手の方々が、誰に相談をして
いいか
分からない声や声帯の悩み、発声&呼吸のメンテナンス方法などなど…..
メンタル方面からのサポートも含めアドバイスします。
どの世界にも、その道の頂点を極めた「一流」と言われる人がいます。

ヴォイス・トレーナーズ・アカデミー®が、音楽業界の最高峰であり続ける理由は
ここにあります。

 

あらゆるプロ歌手が抱える様々な声の問題、シチュエーションに対して、的確で
敏速な対応で、成果を出し続けている・・・。
だからこそ、 1500名以上のプロ歌手を排出し続け、業界関係者から
「大本先生の所にいきなさい」
と
合言葉のようになり、絶大なる信頼をいただいているのです。

一流のプロ歌手であり続けるために、最高のヴォイス・トレーニング®を。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP