パーソナルトレーナーさんからのヴォイトレ相談


パーソナルトレーナーも
ヴォイストレーニングが必要な時代。

パーソナルトレーニングを始めて15年以上経ちます。

今のジムは自宅から近く、オーナーさん自らが担当してくださって
とても楽しく、厳しく追い込んでくれるので、安心。
心身ともに
心地
よく、理想的な変化と維持ができて満足しています。

 

歴代のトレーナーさんを思い出して、気づいたことがありました。
それは、
やっぱりトレーナーさんと
相性が合う合わない
その基準は
「声」!

 

 

もちろん、一番の目的はトレーニングの質です。
トレーニング後のカラダのハリは正直。
トレーナーによって、まったく
違います。
カラダは正直に答えを出してくれますから。

 

それ以上に大事なのは、モチベーション。

私を奮い立たせてくれるもの

それは「声」だと

確信しています。

 

その声と、私のフィーリングに合った
「ノリ」さえあれば!

ものすごく楽しく気持ちよくカラダを
変えていけます。

 

このジム、最近入られた新しいトレーナーさん。
実は私、その人の「声」と「テンション」がすごく気になってしまい
自分のトレーニングペースが乱れてしまいました。

耳というか、脳に異様に刺さる、なんとも言えない感覚。
ただ大きいだけではなく、ややもすれば、うるさく感じる。

私の思考をせき止めて
何も考えさせてくれない。


ガンガンキンキン響いて、居心地悪いのです。

 

その人、声自体は大きくてはっきり、よく通ります。
よく「声の悩み」に出てくる『声が小さい』『モゴモゴはっきりと
しない』人からしたら、真逆です。

「なりたい声」に近いかもしれない。

そして多分、本人にとっては気持ち良い「声」のはず。
この「声」で話している自分、大好きなはずです。

 

しかし、聴き心地?
それは、とってもキビシイかな。
一時間、つきっきりで隣で話されたら。
お腹いっぱいになりそうです。

 

今朝も、その方がいらして。
私より先に、トレーニングを終え下の階へ移動されたタイミングで
オーナーさんが、私にこう言いました。

 オ「やっと静かになりましたね。本当にすみません。やっぱり気に
なりますよね」

私「はい(笑。ごめんなさい、すごく気が散ってしまって」
オ「すみません。僕も何度か本人に注意したのですが・・・・・・。
彼に全く自覚がなくて・・・」

私「自覚していないというのは、一番の問題だけど、全然大丈夫よ。
気づけばいいのだから、直りますよ。
自分の「声」が大きすぎて
周りが見えてないし、他人の「声」とか
話しも聞こえなくなって
いるのね。だから心くばりに欠けるのかな。多分、彼は他の人の
気配とかも感じてないから、行動も危なっかしいでしょ」

オ「えええ〜〜声だけでわかるんですか。そうなんですよ」
私「声の専門家だから」
オ「声ってすごいですね」

私「大事なことだから、うまく伝えてあげてね。気づいてくれたなら
いいね。大丈夫よ。」

オ「大本さん、うちでヴォイトレやってください!」

そんな会話でした。
オーナーさんのご希望なら、大本京、いつでも出動いたします!

 

パーソナルトレーナーも
ヴォイストレーニングが必要な時代。

 

お客さまのモチベーションを奮い立たせる
乗せ上手なトレーナー育成に「声」は欠かせません。

まずは呼吸からですよ。

指摘するということはなかなか難しい。
本人が気づいていない場合は特に。
言い方によっては相手を傷つけます。
ものすごくデリケートだから。

 

でも、どんなお仕事も、誰のために?という視点で考えてみる。
これ、ものすごく大切です。
自ずと自分を冷静に振り返ることができるはず。

客観的に自分を見て知る。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP