映画 JUNK HEAD〜最後までやりきることだけは決めて制作を始めた


立て込んでいた仕事が一段落した今日、海外の映画祭で大激賞され
先月から
公開されている、長編SFストップモーション・アニメーシ
ョン映画『JUNK HEAD』を観てきました。

7年間をかけて全編をほぼ一人で作り上げたという監督の堀貴秀氏の
インタビューをTVで拝見したのもあり、珍しく事前に色々と製作エ
ピソードなどを細かくチェックしての鑑賞でした。

 

中でも、感銘を受けたのは、フリーライター杉本穂高さんとの対談で
〜最後までやりきることだけは決めて制作を始めた〜
やめたらおしまいだと思っていたので、とりあえず、必ずやりきると
決めていました。
今まで色々なジャンルに手を出しては、全て中途半端に終わっていた
んです。
どのジャンルにもすごい人がたくさんいるのに、今さら自分が頑張っ
たところでしょうがないと考えてしまっていたんです。
でも、今までやってきた色々な経験を組み合わせれば、映画を作れる
んじゃないかと思い、これを実現できれば、誰も真似できないものを
生み出せるかもしれないと信じて、なんとか頑張りました。

 

やっぱり、最後まであきらめない人が本物と呼ばれるんです。
その思いが、溢れているんですよ。
認められるって、才能や運も大事だけど、違うんですよ。
努力とか頑張るとかだけじゃなくて、やりきれるかなんですね。

私の元からデビューをしていった子たちはみんな、最後まであきらめ
なかった子たち。
もう、方程式はそれしか無いのです。
近道もなにもないの。

 

 

あ〜本当にいい勉強をさせてもらいました。
ストーリーも美術もすべてよかったし、姿勢にも感動しました。


何を見ても聞いても、自分にためになると感じる時は、成長している時
だと思う。
今日もまた、ものごとの真理に出会ったと心から感謝します。

 

しかし、7年ですよ。
総コマ数14万コマ。
1秒に24コマ。
101分の映画です。

素晴らしかった。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP