ヴォイストレーニング®は「呼吸」から展開のバリエーションが広がる


ありがたいことに、いま、企画書を同時並行で2本書いています。
たくさんの方々からお声掛けいただき、充実した日々に感謝しています。

よく「ご専門は?」と聞かれますが、
『ヴォイストレーニング®は「呼吸が基本」となりますので 、セミナーの
展開のバリエーションはいかようにも!』というのが答えです。

もちろん「歌を教える」「歌手を育てる」ということもやっておりますし、
ビジネスパーソンや子供たちにもヴォイストレーニング®は大変有効です。
ご要望があれば、アレンジして対応することが可能です。

今も、子供たちのための企画書を書いています。

特に企業様ですと、業種によって細かいご要望内容が異なって参りますし、
働いている方々のスキルUP、営業力強化、特に強化したい部分があるなど、
先方のご意向なども細かくうかがいながら、内容を組み立てていきます。
ですから、カウンセリングということが、とても重要になります。

これが、他者、他社さんとの大きな違いです。
予め用意したマニュアルに人を詰め込むのではなくオーダーメイドである。
コレこそが、大本京のヴォイストレーニング®のブランディング力です。

 

ヴォイストレーニング®がここまで身近な物になったこと。
それは第一人者である父・大本恭敬の指導育成の現場や実績を間近に見て
きた身にとっては、とてもうれしいことです。

ただ、残念なこともたくさんあります。
「ヴォイストレーナー®」としての専門の勉強をして来なかった方々が、
少し歌を習ったことがある、少し理解している方、アルバイトさんでも、
『「マニュアル」=買ってきた本を読むだけ』
これでも、なんとなくそれっぽいことは教えられるわけです。
事実、ヴォイトレのアルバイト!時給1,000円、未経験者でもOK!!
というのもあります。

しかし、大事なのは、受講した方々に実感として
「たしかに変わった!」
「成果があった」
「克服できた」と感じて、喜んでいただくことです。
それが出来るのであれば、アルバイトさんでも全然良いと思います。

一体、何が違うのかな?
イッッパンの方々には、なかなかわからない、判断が就かないことです。
ですから「誰に習ったらいいのかわからない」
ということに繋がっていくのです。
情報が多すぎて、惑わされてしまいますね。

私が6歳のときから学び身につけ、感動したヴォイストレーニング®です。
そして25年前、はじめてメソッドを正式に学んだ時能古とは忘れません。
目からウロコでした。
はじめて、27時間のセミナーを任されたときのことも忘れません。

だからこそ第一人者として、胸を張ってお届けできるコンテンツなのです。

私、大本京にヴォイストレーニング®をご依頼をくださる皆さまから、
多くの教えを頂戴しておりますこと、心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP