ヴォイストレーナー®総本山・二代目が伝える『ヴォイストレーニング®』の原理原則


こんにちは。

MIYAKOです。

私は、コロムビアレコード/スバックよりメジャーデビューし、

歌手として活動する傍ら、

家業である「ヴォイストレーニング®の総本山」、

「ヴォイス・トレーナーズ・アカデミー®」の二代目を継いでいます。

6歳の頃から発声指導の英才教育を受け、

現在は、第一線で活躍する「大御所歌手」

ヒットチャートを賑わす「トップアーティスト」

「ジャニーズ」「宝塚」「人気俳優」、

そして「歌手を目指す若い人たち」、

また、全国各地で「ヴォイストレーナー®の指導育成」に携わって、

今年で25年になります。

 

この、ヴォイストレーニング®という言葉は、和製英語です。

 

この名称を作り、日本で初めて名乗り、職業として確立したのは、

私の父・大本恭敬です。

1960年代はじめの事でした。

 

日本を代表するプロの歌手や俳優を1500名以上輩出し、

名実とともに 日本を代表する指導者である父が、

「ヴォイストレーニング®」「ヴォイストレーナー®」「声学家 ®」等の

名称を商標登録しております。

そして、今では日本中で、一般の方にも通用する名称となっています。

 

というわけで、子供の頃から、ふすま一枚隔てたレッスン室には、

西城秀樹からピンクレディ、岩崎宏美、中森明菜、小泉今日子、ジャニーズ

トップアイドルたち、細川たかし、徳永英明、とんねるずや黒柳徹子、松坂

慶子、岩下志麻、薬師丸ひろ子といった、日本を代表する、有名な方々が、

日夜レッスンに明け暮れていました。

 

毎日テレビで見る有名な人たち。

そして大晦日のレコード大賞、新人賞はすべて父の教え子。

また紅白歌合戦の出場者も、ほとんどが、父の弟子という感じでした。

 

そんな幼少期から、スターの卵が大スターへの階段を昇っていく姿を子供の

頃からずっと見ておりましたので、

「ヴォイストレーニング®」はもちろんのこと、

「歌う事」

「声を出す事」、そして

「プロフェッショナルはなんたるものか」

「一流とは何なのか」

ということを折に触れてみて育ちました。

 

今日から、そんなお話を交えながら、ヴォイストレーニング ®を

ご紹介して行きたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP