依存(いそん、いぞん、英: dependence)


火曜の夜。
ヴォイトレの帰り道に生徒から言われた言葉が、頭のどこかに引っか
かっていたみたいで、水曜に本を読んでいたら突然フラッシュバック
してきた。

「京さんって影響を受けない、いい位置にいますよね。上手というか」

彼も彼なりに色々、悩みは尽きないという話からの。

そして、彼が言わんとしている事はわかるので、
「そうかな」
ととぼけてみたけど、そのことについて考えてみた。

 

以下、お菓子をつまみながら、ひとり問答。

〜「自分」というものが、あるからじゃないのか〜?
いやいや、ニュアンスは近いけど、ちょっと説明の仕方が気分じゃ
ないな。
えっとね、ここまででかかっているんだけど。

 

 

 

 

 

 

あ!

 

依存してないからだ。

 

 

 

そしてら、今日の夕方、オシゴトの件でお目に掛かった方とお話し
していた中で、やはり同じ話になって、それはアーティスト育成の
お話だったのですが、
「とにかく、依存している人が多い」
という事で、盛り上がってしまいました。

 

 
依存
  1. 《名・ス自》

    他のものによりかかり、それによって成り立つこと。
 

そだね〜。
そうなのよ。
何に依存しているかは、色々ありますが、ここでは「人」ね。

 

合点がいきました。
あ〜スッキリ!
ただ、それだけのことなんだけど。

私の中での答えは、この2文字。
しばらくテーマは、依存。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP