New York~Metropolitan Museum


1/25
世界3大美術館のひとつ、メトロポリタン美術館。
今回は9月のMOMAに続き、再びShigeno Ichimura氏にワガママを
聞いて頂き、ガイドをお願いしました。

2D6B26D4-7572-4728-A538-051B13139B4F

 

3C836B2C-B5FC-4050-8D96-98E6CD216611
しかも!なんと!超☆超☆超☆ラッキーなことに、大好きな大好きな
デビット・ホックニー展が開催されているのです!!!
Bostonの大学時代には、ポスターを部屋に貼り、帰国後も額裝して
今も大切にしているし、おこづかいをためて買った画集も持っている、
あのホックニー。
ドキドキです。

そして、あの絵も!
あの絵も!あの絵もありました!!!

名称未設定

Metropolitan Museum HPより。

 

 

さらに今回は、ロダン、ミケランジェロ、ムンクの作品も集結。
ロダンは、地獄の門のモチーフのスケッチや、試作品。
考える人の小ちゃいバージョンとか色々。

ミケランジェロにいたっては、ダヴィンチと通じるものを感じて。
もしかしてエスパーだったのでは〜?と思ってしまいました。
人体のスケッチ、天体や医学にも精通していたなんて、あの時代に。

市村先輩のオススメコーナーにも色々連れて行っていただきました。
名称未設定3
ちゃんとまわったら、3日はかかるらしいです。
なので、また次回もお願いします!
9284BFDB-6B0F-490E-AB5A-AF81D57F2F85

 

 

ジャンヌダルク

7C70143D-1FF3-4FC7-9F5F-76F8FC76FD49

 

 

ティファニーのステンドグラス

B6407D38-8F8A-4FD7-9A91-C4982F0B1566

 

 

フランク・ロイドライトの部屋

F78319E2-373A-405B-B775-35865FF6C085

 

 

アメリカの美術館は、フラッシュを焚かなければ撮影はOK。

子供達は美術の授業で、作品を自由に模写をするために訪れます。
その際、縦横の比例さえ真似しなければOKという決まりはあるそう
ですが、作品に極めて近くまで近寄ることもできるし、目で見て肌で
感じることができるというのも魅力的です。

 

しかし、唯一ケースに入っていたのはゴッホ!

やはり、一番高いのかしら?

E77889A0-6F31-4E3D-A218-D4E222DB40AD

 

 

Bostonの大学時代、Artを専攻していました。
歴史は必須科目だったのですが、Freshman YearにWestern Civil
(西洋史)を履修したので、美術史は取りませんでした。
今思えば、いや、今だからなのかもしれませんが、美術史をやって
おけばヨカッタなと。
今からでも勉強してみたい、とても興味ある分野です。

MOMA20回近く、METも5回くらい来ていますが、それまでの見方
とは全く異なる視点で、歴史とともに観るのは、本当にすばらしい
経験です。

改めて、市村先輩に感謝です!
本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP