京都桜旅〜その4は琵琶湖編


一道先生にご招待いただき、朝から琵琶湖へ。

琵琶湖の海津大崎の屋形船に乗って、湖上から眺める極上のお花見を楽しみました。
花びらまで見えるほど、湖岸に接近!という謳い文句通り、お見事な咲きっぷりを
存分に楽しみました!

琵琶湖岸に延々と4kmに渡って、800本のソメイヨシノの桜トンネル。
これは一見の価値があります。
教えてくださった樋口会長、お連れくださった一道先生に、心からの感謝申し上げ
ます。ありがとうございました!


場所は、マキノ。

外国人旅行客の方々もたくさん乗船していて、びっくり!
みなさん、歓声をあげて、大喜びでした!
私までうれしくなりました。

しかし、海外の方は、情報ってどういう所で仕入れるんでしょうね。
京都から湖西線に乗って、送迎バスに乗って来ているにしても、なかなか遠いし。
感心してしまいます。

 

 

桜のトンネルを歩いていると、次の季節を彩るツツジや、秋のもみじたちが、
もう咲き誇る、芽吹く準備をしているのです。

誰に教えてもらわなくても、花は咲くのです。
何も言わずに、花は咲くのです。
人はその凛とした佇まいに見習うべき所がたくさんあるのだと、感じます。

2018年の京都桜旅。
ありがとう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP