アネモネ


お花屋さんにヒアシンスの球根やチューリップ、パンジーが並び始め
春の訪れを感じます。
そしてアネモネを見かけるようになると、子供のころの、ある1日の
ある情景を思い出します。

IMG_1298
ギリシャ語で「風」を意味するアネモネ。

そして、花言葉は
「はかない恋」
「恋の苦しみ」

「見捨てられた」
「見放された」

「薄れゆく希望」
「嫉妬のための無実の犠牲」

色ごとに花言葉が違います。
白・・・・・ 真実・期待・希望
ピンク ・・ 待望
赤・・・・・ 君を愛す
青・・・・・ 信じて待つ
紫・・・・・ あなたを信じて待つ
だけど、オレンジのアネモネには、花言葉がないのです。
そんなミステリアスな所も、ちょっと大人っぽくて好き。

 

アネモネのギリシャ神話も有名です。
愛の矢で誤って傷ついた愛と美の女神アプロディーテーは、その矢の
力によって美少年アドニスを愛するようになります。
しかし、アドニスは狩りで猪に殺されてしまい、その流れ出た血から
アネモネの花が生まれたといいます(wikipediaより)。

どこかはかなく、風に揺れる姿が大人っぽい印象なのかな。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP