はじめて聴く心にのこる歌声


たまには本業の話。

 

私は歌手です。

でも、ジャンルは?と聞かれると困ります。
私は「私の声」「私の表現」で歌う歌手であり、POPS、JAZZ、R&Bも
GOSPELも歌うし日本の歌曲もフォークソングも、素晴らしいと感じた
歌をうたっています。

キモノを着ているから「演歌?」と聞かれますが、それは違います(笑。

 

 

MIYAKOはライブでは「美しい日本語で歌う」「MIYAO JAZZ」の2つの
コーナーを設けているので『MIYAKOさんは、JAZZ歌手なの?』と思って
いる方も多いのですが、そう言うとき「JAZZも歌っています」というと、
きょとんとされます。
ジャンルは決めていません。

 

さて、ヴォイストレーナー®ーの仕事をしていると色々な相談にのります。

MIYAKO JAZZがおかげさまで大好評なので、JAZZを歌いたいという方の
レッスン希望者も多いのです。

「JAZZを歌えるようになりたいのですが」
「どうしたら、あんな風に格好よく歌えるのかしら?」
「フェイクの仕方を教えてください」

・・・・・・私も以前は、そう思っていました。
教えてもらって、歌えるようになりたいと。

MIYAKOはJAZZの勉強をする時、はじめにきちんと楽譜を勉強します。
もとのメロディーをちゃんと把握して、フレーズを理解し、意味を調べて
というひと通りの儀式があります。

でも、CDやYoutubeで、他のアーティストの歌い回しを耳コピ+完コピ
することはありません。
Jazzに限らず、歌うことって自分の表現ですから。
真似る事が学ぶことの始まりですが、 ここがとても難しく重要なことと
思っています。
捉え方によっては矛盾さえ生じます。

 

Jazzの理論とか、フレーズの歌い方とかは徹底的に勉強しています。
そういう視点で、偉大なアーティストの歌をたくさん聴くことは欠かせ
ません。

 

さまざまなスタイルやフィーリングを理解し、それぞれの世界観を注意
深く分析的に聴いてみる。

お〜〜〜こんな表現があるのか。
私なら、ここどうしたいだろう?
これは参ったなぁ〜。むずかしい!
などなど。

 

こうして先輩方から多くを学びながら、自分の歌とブレンドしていく。
自分のフィーリング、楽器のプレイヤーさんとSwingしていくうちに、
MIYAKOのノリが生まれて来てくるのです。

 

自然にカラダがリズムを刻んだり、泣いたり笑ったり。
そんな表現。

 

天性のスキャットやフェイク上手な人は、本当に天が与えた才能であり、
その人の才能&個性です。

私はその人のパフォーマンスを真似できません。

どこかから借りて来た表現になってしまうからです。
もっと凄いなと思うのは、JAZZほど、お客様の方がお詳しい!
つまり、誰かの歌い方を用いたら「さっきのあれは、誰々の歌い方ね」
とご指摘も受けてしまいます。
当然、プレイヤーさんからもそう言われます。

たとえば、誰かのフレーズ回しを練習して、それに近いことがちょっと
出来るようになったとしても
「カッコ悪いね。そんな中途半端なら、やらない方がいいよ。無理」

似せる事はできるかもしたせんが、全然カッコ悪いのです。
そして、それは私ではないのです。
あえていうなら、真似が出来たら大したものだと思います。

「JAZZっぽく歌えるように」習う事も大切ですが、それよりまず先に
大事にしているのは「私の声と感性で私の表現をする」ことです。
テクニックでJAZZっぽく歌うくらいなら、ステージに立ちたくない。
そんな思いで、 JAZZを歌っています。
『JAZZ風』などいりません。
JAZZは自由ですから、自分の声で歌えばいいのです。

「自分の声」
だけど、

「響く声」
「磨かれた声」
でなければ、意味はありません。

これが、一番大事です。

 

 

だから、
「MIYAKOさんの歌はやさしいんだね」
「胸にスーッと入ってくる」
「知っている歌だけど、はじめてじっくり聴いた」
「あの歌、そういう歌詞だったんだね」
と言っていただけることが、本当に嬉しいのです。

 

いろんなタイプの方がいますから、私が正解なのではありません。

でも、私はそうやって、自分のスタイルでJAZZを歌っています。

はじめて聴く、心に残る歌声になれるよう日々、私自身が修行をして
います。

もちろん、生徒さんにもシェアしています。

===============================

ヴォイス・トレーナーズ・アカデミー®
プロ歌手指導・養成1,500名以上。延べ指導総数45万人以上を誇る、
業界最高峰のヴォイス・トレーナーズ・アカデミー®
少数精鋭のプライベートスクールです。
詳細は資料をご請求ください。info@voice-trainer.com

大本 京 直接指導
詳細は、資料をご請求ください。info@voice-trainer.com

ヴォイストレーニング®グループレッスン
ただいま、春の入会お申し込みレッスン受付中です。
info@voice-trainer.com

♪資料のご請求はこちらへ
info@voice-trainer.com
1)お名前
2)年齢
3)職業
4)住所
5)電話
6)問合せ内容
1)〜6)を必ずご記入ください。
折り返し、メールにて資料を送らせていただきます(PDF形式)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP