お盆休みに観た映画〜未来のミライ


予告編を観たときから、気になっていた
「未来のミライ」

「時をかける少女」の細田守監督作品

 

子供のころの気持ち
自分も子供だったのに
いつか忘れて
人はみな、おとなになっていく

でも、人はひとりでおとなになるのではなく
命が受け継がれて今があること
そんな大切なことを
ちいさな少年くんちゃんが
時空越えて未来のミライちゃんと
旅していくなかで
すこしずつ見つけていく物語

ほのぼのと描かれていました

なにか、あたたかいものがまだ
この胸のすみっこに残っています

子供の表情、あかちゃんの表情
可愛かったな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP