キンモクセイの香り


また会えたね。

そんな風に聞こえて振り向いたけど
そこに誰の姿もない

うふふ。
こっちだよ。
もう一度、声が聞こえた気がしたけど
私は、ただあたりを見渡し
坂道の途中で空を仰ぐ

誰なの?
どこにいるの?

o0480048012706865953



懐かしさと切なさに胸がきゅんとした
制服姿のあの人の後ろ姿を
ただ見つめていたあの頃を思い出した

目が合うだけで
心が呼吸を始めたみたいに

いつまでも鼓動が止まらない
伝えられない思いが溢れて

「大切なものは目に見えない」
そんな言葉をどこかで読んだっけ。

私の瞳の奥のロードショー
エンドロールはいらない

 

2013年の秋に書いたブログから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP