ヴォイストレーニング®声のお悩みに答えます〜『お医者さまができる「声」への対処』


『お医者さまができる「声」への対処』

 

私のところには

都内の有名な耳鼻咽喉医院の医師(音声学博士)から

患者さまが紹介されることがよくあります。

 

医師は

「そんな呼吸の仕方をしていたらダメです。

歌手として一生歌いたいなら

一番大切な呼吸法、発声法を

大本先生に習いなさい!

紹介するから、いますぐ行きなさい」

と、診察室でアドバイスなさるのだそうです。

 

こうしてやってくる患者さまが

私たちアカデミーの生徒さんとなる事が往々にしてあります。

 

中には

有名なアーティストさん方々

舞台/ドラマで活躍する俳優さん方々

音楽大学などで「声楽」を学んでいる方々

歌手を目指している方々

ビジネスマンの方々など……

紹介は多岐に渡ります。

 

 

「医師にできることは限られています。

例えば、ポリープができている患者さんに対しては、

1)声をなるべく使わないで安静。というアドバイス

2)投薬処方治療

3)外科的手術

この3つしかできない。

”切れば治ると安易に考える”

歌い手さんとかいらっしゃいますけど

根本的な解決にならない。

必ずまた繰り返し、「結果、声を壊してしまいます」。

だから、大本先生の処に行って

きちんと

「正しい姿勢・呼吸」

から勉強してきなさいと

患者さまにアドバイしています」

と、医師はいつも私に説明してくれます。

 

 

そして直ぐに(私は“専門医師”ではありませんが)

非常に丁寧な医学的見地に基づいた診断書と紹介状を添えて

患者様が「カウンセリング」に来られます。

 

 

歌手/声を使う職業人にとって、声帯は「命」です。

 

手術で喉にメスをいれることは

本来なら怖くてできません。

正しい「呼吸法・発声法」を事前に身につけておけば

病院に駆け込むことは(基本)ないはずです。

 

そのダメージ。取り返し付きません。

 

「声」を出すことは

「呼吸」「発声・発音」のほかに

「表現法」「テクニック」「生理学」「心理学」などの総合要因含めて

医師の範疇でないことも多分にあります。

 

 

声のトラブル、声帯のトラブル

原因がなんであるか慎重に見極めないといけません

  ☟  ☟  ☟

なぜなら一人一人、違うからです。

 

それを私達は「個性」でなく「個声」と呼んでいます。

 

 

ですから、私どものレッスンでは

「カウンセリング」をとても重視しています。

 医師の役割と

ヴォイストレーナーの役割とは違います。

 

 

勿論、解決方法が医学的アプローチに適していると判断した場合は

上記の様な提携している

信頼できる医師を紹介し

治療に専念していただきます。

 

ヴォイストレーニング®のアプローチが適していると判断した場合は

「呼吸」「発声・発音」を始めとする基本的なトレーニングと

カウンセリングで問題点を解決していきます。

 

 

 

 本ブログで以前から繰り返しお伝えしているように

 

「カウンセリング」はとても大切です。

どうしても統一マニュアルだけでは解決できません。

 

そこで先ず初めに「それぞれ受講生」と一緒に時間をかけ

●受講目的:どうなりたいか?

●現在抱えている問題:何が出来て/出来ないかを明確に

●現在のレベル確認など

 

「カウンセリング」を行い

オーダーメイドで「カルテ」を作成します。

 

 

只の「ボイストレーニング」というよりも

「声学家®️/声楽研究家®」としての享受が

「他者」と違うところなのです。

 

通常、ボイストレーナーは「声楽家」として翻訳されます。

 

一方で「声学」は「音響学」に属します。

これは、「音楽理論」だけでなく

「生理学」「心理学」などをも含みます。

 

このことこそが「大本メソッド」の秘訣であり

日本で初めて「商標登録」された価値があるのです。

※1990年:ヴォイストレーナー®、声学家®、声学研究家®取得

 

 

   

いつでも安心してご相談ください。

敷居が高そう!」など思う必要全くありません。

 

気軽にご相談くださいませ。

 

 

次回から違うテーマでお届けします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP