MIYAKO_VT Book

ヴォイストレーナー®からのメッセージ〜風邪を引きやすいあなたへ〜その2


おはようございます。
ヴォイストレーナー®・シンガーのMIYAKOです。

5月に入り、GWも終わり、いよいよさわやかな初夏の陽気です。
しかし〜!
今週になってからも、インフルエンザにかかってしまい寝込んでいる
お友達がいたり、心からお見舞い申し上げます。
早くよくなってね。

===============================

さて前回のコラムで「風邪を引きやすいあなたに、ぜひお伝えしたい
ことは『呼吸法がいかに重要かということです』と書きました。

風邪と呼吸法?
私たちが健康でいるために何よりも呼吸が大切だということを知って
いただければ、日々生活をする上で大きな助けになると思います。

IMG_6490
具体的にどういう事でしょう。

風邪は、免疫力が低下していると引きやすくなることはご存知ですね?
→免疫力の高い人は、風邪を引きにくい
体温が1度下がると、免疫力は3割ほど下がると言われています。
→たとえば、ちょっと寒いな、ゾクッとしたとき。
→汗をかいてカラダが冷えたなど、あー風邪を引いちゃったかな?
と思う瞬間が、誰にでもありますよね?
低体温は万病の元と言われますし、逆に体温の高い人は病気知らず。

 

免疫力とは、さまざまな病気、ウィルスやアレルゲンなどで免疫と
闘ってくれるものです。
ですから、免疫量が低下するので風邪を引きやすくなります。
「免疫力の低下を予防できるもの」として「呼吸法」があります。

 

【あなたは鼻呼吸?口呼吸?】
私たちは普段あまり意識をしていないのですが、自然に呼吸をして
います。
ヴォイストレーニング®で腹式呼吸が大切と言いますが、これは、
改めて意識してしまうと、わからなくなってしまうくらいに自然な
呼吸法なのです。
それと同時に自然な「鼻呼吸」ができています。

しかし、どうしても人は話したり、歌を唄っているときなど急いで
息を吸う時、または「息を吸わなくちゃいけない」と意識してしま
うときは、たいがい口呼吸で、しかも大量に呼吸してしまいます。

 

呼吸にはこのように「鼻呼吸」と「口呼吸」があります。
習慣的なこの呼吸の仕方が、風邪を引きやすいかどうかの鍵を握って
いるのです。

===============================

ここまで読んでいただきありがとうございました。という事で次回は、
『「鼻呼吸」「口呼吸」の違いなど』もさらに詳しくお話ししますね。

おたのしみに!
MIYAKO

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP